スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセット準備

UDONです。

 私にはお盆休み的なものはないのですが、ようやく物資がそろったのでなんとか隙間を見つけてリセットしようと思ってます。とりあえず、リセット対象の水槽の中身を細かく選別しながら移動してます。

 話は変わりますが、私には勝手に師匠と思ってる人が2人居ます。
最初の師匠は、悪い言い方をするとルーズな管理をするタイプです。
ただ、それだけ自分の血統の体の強さを引き出すのがうまいとも言えます。
綺麗だけど水質に繊細なえびを作っても、引き取られた先で繁殖できなければ、意味が無いという考えです。
本業が忙しくても、淡々とすげー個体を作り続けられるすごい人です。
 
 もう一人の師匠は、潔癖症タイプです。水槽が1mmでも汚れてるのが嫌みたいです。水槽のふちにカルシウムが白く付くのも嫌って毎日掃除するほどです。
 こっちの師匠は一匹一匹の特徴をよく見ています。なんていうか水槽に知らないえびは居ないっていう飼い方です。他人の家の水槽の個体さえも覚えてます。死んでいなくなったら一瞬でばれて笑われます。

 どっちの師匠もいまだ雲の上の人ですが、私の飼い方は折衷方式で、水槽管理は、雑です。しかも師匠より遥かに(笑)。ひどいときはスポンジフィルタにミクロとかクリプトが活着してましたww最近はそんなことないですよ。
 ただ、ビーを最初飼い始めた頃、水槽をいじりすぎてうまくいかないことが多かったので、基本的にはリセット時以外は手を水に入れません。ピンセットと網でちょっといじる程度です。

 ブリーディング方法は以前説明したように、一匹一匹をチョイスして配合する競走馬のようなやり方です。
 2人目の師匠の影響が大きいです。元々遺伝の法則とかそういう理論的な考え方が好きだったので、すんなり受け入れられたというか、なんとなく分かった気になれたというか、そんな感じです。完全な踏襲はしてません。
 ただ一部で水槽全体の雰囲気を見て飼育している水槽もあります。こっちの方が私にとっては難しいです。間違った個体が居るとバランスがめっちゃ崩れます。

 人それぞれ理想とするえびがあって、そこに自分なりの方法で到達できたらと考えています。
 私の場合は、どういうブリーディングすると結果がどうなる?っていう数式みたいな考え方が好きで、必ずしもえびが綺麗になるパターンだけが好きというか知りたいわけじゃありません。人がやらなさそうな方、グレードが下がる方も興味があります。やらなくてもなんとなく分かるものではありますが、ちゃんと答えを知りたいと思ってます。

 まあとにかく、色々な知識を知ってても綺麗な方が、綺麗じゃないと説得力がないので、綺麗な方も、もうちょっと頑張ります。

 水槽の電気は消えちゃってるので今回は画像なしでwwすいません
スポンサーサイト
プロフィール

UDON。

Author:UDON。
レッドビーおよびシャドー飼育中
ご質問&お問い合わせは、
お気軽にどうぞ^^
~メールフォーム~
または、
~Eメールアドレス~
jun_pon1192@yahoo.co.jp

Twitter
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
月齢
潮見表
Geotargeting

ジオターゲティング
FLAG COUNTER
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。