FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽の立ち上げ part0

 UDONです。

 前回の予告通りビーシュリンプの飼育法を紹介していきたいと思います。
 今回はその第1回ということで「水槽の立ち上げ」について書いて行きます。
(書いてる最中に脱線してUDONの飼育の歴史みたいになってしまいましたので、part0に変更(笑) 立ち上げ方だけ知りたいという方は次回part1をご覧下さい)

 水槽を立ち上げる時にやることは、簡単に言えば1点のみです。
 1.添加剤で後から調整出来ない、底床の重要な仕込みを行う
 これが出来れば、初心者は卒業です。立ち上げは簡単なようで難しいです。

 ビーシュリンプに魅せられて、ネットやお店で情報を集めて、水槽を立ち上げる方は非常に多いと思います。
 最初の立ち上げでなんとなく上手くいくこともあります。しかし途中で上手く増えなくなる人は少なくないでしょう。
 原因は、実に簡単です。その組み合わせを使う理由を考えずに真似をしているに過ぎないからです。

 私がビーに魅せられたのは約10年前です。下手したら有名なブリーダーより早くから飼育してた可能性すらあります。
 現在、千円程度で売られているエビが数万円した時代です。当時、学生だった私は、赤とすけすけ白の三本バンドみたいな個体を10匹約1万円程度で買ってました。ビーの飼い方を書いてあるホームページを参考に立ち上げて、色々やってみたのですが結局2,3年くらいほとんど増やせないまま、ポツポツ死ぬ病を繰り返し、就職のため、第一次自分の中のエビブームが終わります。当時は底床なんてサンディーゴールド、レッドビーサンド、ADAアマゾニアが定番で大磯派が少し居るくらい、添加剤もシラクラさんの微生物の素、怪しい粉、ミロネクトン、モンモリロナイトみたいな時代でした。

 第二次自分の中のエビブームは2010年梅雨の頃に始まりますが、その時ネットを見て衝撃を受けました。あまりに情報と飼育用品が多すぎて、誰を信じていいのか分かりません。エビ用品のみならず、多くの商品はメリットは書いてあってもデメリットは書いてないモノです。しかも、ものすごい数の商品があるわけで、メーカーもそれら全ての商品を使ってテストをすることは出来ません。

 まあとにかく就職して割と貯金もあったのでとりあえず一本、念入り(今からすればかなり適当)に立ち上げて、まあまあのえびを育て始めました(底床はアマゾニア+パワーサンド)。とりあえず昔と違って(運良く)増やすことができたので、もうちょっと高いグレードに手を出そうと考え始めました。ちょうどビーを始めた約10年前、憧れだったえび天さんの個体、それって今どんな値段で、どこで手に入るのだろうとネットを使って調べました。その結果、住んでた場所から電車で30分、駅から徒歩15分みたいなところでエビと水草専門でやってるお店を見つけました。そのお店こそ今もお世話になっているアクアフォーチュンさんです。

 ど田舎出身なもんで、専門店と言われると敷居が高いなーと思いましたが、どうしてもオークションの写真でしか見たことのないえび天のえびを生で見たかったので、お店に行きました。たしか真夏の炎天下を歩いて行った覚えがあります。そんな時期なので私以外のお客さんはいませんでした。店内が今よりもっとぐちゃぐちゃしてて(最近行ってないのでどうか分かりませんがww)落ち着いてえび見れねーみたいな感じでした。代田店長も積極的に営業するタイプじゃないので、なんかあったら声掛けて下さいと、そんな感じでした。その日はおそらく20分くらいで店長ブリード(えび天SSS血統)3匹、1万5千円みたいなのを買って帰ったと思います。

 2回目にフォーチュンに行ったのはその年の年の瀬でした。夏以降、フォーチュンのHPはちょくちょくチェックしていたのですが、ちょうど前の週に直売会があったのですが、色々用があって行けずじまいで、しょぼーんとしていました。そんな時にえび天のとんでもないメスがupされてて、うぉーやべーってなったのが金曜日の夕方でした。翌日土曜日のお昼過ぎ、ばっちり財布満タンで居たら買うと決めて出撃しました。その日もなぜか客は私一人でした。直売会の翌週だからだと思いますが、こりゃラッキーということで、水槽の前で一人黙々と目的のエビを見てました。だいたい3時間くらい居たと思いますが、店長はまたもやなんかあったら声掛けて下さいねーの一言だけでした。
 後に仲良くなってから店長に聞いたことですが、買うまでのUDONは異常に気持ち悪かったそうです。ほとんど店に来ないやつがよりにもよって一番高いえびの水槽の前に張り付いて離れない。毒でも盛られるのではないかと。(私は真剣に自分の水槽に入れて飼えるかなーと悩んでいただけなのですがww)

 年が明けて2011年は月に1回から2回くらいはフォーチュンに通って、水槽のこと色々勉強してました。お店って自分のところより圧倒的に水槽の本数があるので、かなりの頻度でリセットに巡りあうことが出来ます。そこで立ち上げの様子をみてると犬の毛みたいのとか粉っぽいものとか色々入れてました。あとは”それは何?”、”なんで入れるの?”という質問をすればほとんどのことは解決しました。その直後くらいから水槽の本数が増え始め、ソイルへの仕込みを念入りにするようになりました。

 ちょうど同じ頃ですが、フォーチュン主催でえび好きが集まるイベントがありました。そこで同じような初歩レベルの人からブリーダーまで色んな人と知り合うことができました。○○という商品は良いとか、こういうことしたら失敗したとかそういう生の情報を得ることが出来たのは、すごくプラスに働きました。自分で試すと水槽の本数も増えるし、消耗品も馬鹿にならないくらいかかります。そういう情報がこっちから質問すればするだけ詳細に手に入るのです。

 得られた情報をまとめると、ちゃんと規則性があるのですが、経験に基づく勘的なものに頼る人が多く、なんでやるかということが具体的に説明できない人が多いと感じました(それまでの自分もそのレベルでした)。

 つまり、
 1.ある現象が発生する → 経験を基に対処する
 という思考が多く
 2.ある現象が発生する → 原因を予測する → その予測と経験を基に対処する
 というところまでなかなか考えられていません。

 この1という状態では、過去に経験したことでなければ(ラッキーパンチが当たらない限り)エビはどんどん死んでしまいます。
 2という状態でも現象が発生するわけですから、えびは少なからずダメージを受けます。

 そこで1および2をさらに進化させると3というやり方が生まれます。
 3.出来るだけ不測の事態が起こらないよう計画する → そうならないよう準備(仕込み)をする → その効果を確認する → 次の立ち上げ時などにフィードバックする → 最初の計画に戻る

 3という考えは、会社でうるさく言われるPDCA(プラン、ドゥ、チェック、アクション)と同じ考え方です。
 
 水槽は密閉された空間なので、外部の影響を受けにくく、実は自然界ほど複雑ではありません。そして、これらの要因の多くは立ち上げ時に問題があることが多いです。
 水槽の中を構成する要素は、単純化すれば土、水、空気、光、水草、生体の6つです。
 
 空気は外部から取り入れているので、水槽部屋の空気が農薬や殺虫剤まみれでなければ大丈夫です。
 光も蛍光灯2灯程度でも問題ありません。
 水草も農薬がついてなければ悪さはしません。
 生体は爆発的に増えて水を汚さない限り、影響はありません。増えたら水槽から出せば済むことです。
 水が汚れた場合は、バクテリアの素を足すか、水換えすれば大概大丈夫です。

 一番やっかいな問題は土の部分にあります。土の部分が水槽内の多くのパラメータを決めてしまいます(PHなど)。しかも途中で入れ替えが出来ません。失敗したらリセットしてやり直す方が早いくらいです。えびの飼育が上手くなれば、こまめな添加剤の追加でコントロールすることもできますが、初心者が土の部分を失敗したら、ほとんどゲームオーバーです。

 というのが私の基本的な考えで、立ち上げに気を遣う理由でもあります。おそらく他の人もソイルの組み合わせを変えて評価したりしているのを見ると土の部分を大事にしているのだと思います。

 というわけで、ようやく次回の予告になります。
 次回は、えびを飼育するのに必要な土の知識とその土(底床)を作るためにどういうことをするか、実際に水槽を一本立ち上げながら解説していきたいと思います。

 非常に長くなりましたが、稚拙な文章に最後までお付き合い頂きました皆様ありがとうございます。
 次回もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UDON。

Author:UDON。
レッドビーおよびシャドー飼育中
ご質問&お問い合わせは、
お気軽にどうぞ^^
~メールフォーム~
または、
~Eメールアドレス~
jun_pon1192@yahoo.co.jp

Twitter
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
月齢
潮見表
Geotargeting

ジオターゲティング
FLAG COUNTER
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。